OBRオフ会 in 東京オフレポ





 2004年8月14日。人生初のオフ会ということで緊張していたのか、前日11時には床に

着いたというのに四時間くらいしか寝ていないという状態で家を出発。その日の朝、新潟は

雨が降っていて少し肌寒かったです。おかげで持参したポケットティッシュ二個をあっという間

に消費。その時は「ちょっと暑いくらいがちょうどいいなー」と思ったのですが、その考えが間

違っていたということを東京駅に着いて嫌というほど思い知らされることになりました。

 新幹線の中、Des-ROWのアルバムに収録されていた曲が入っているMDを聴きながら目

的地へ向かう管理人。途中で隣に座っていたおばちゃんからソフトウェアやらネット関係の

ことを聞かれるという事もありましたが、それ以外は特に何もなく東京に到着。





 東京に着いた俺を出迎えたのは、太平洋側都市の強烈な日差し&熱気。もともと汗かきな

ところもあったため、真夏日と呼ぶに相応しい東京の天気はめちゃくちゃきつかったです。

 目的地の下見をしようと思い、すぐさま渋谷に移動。朝飯を食べようと立ち寄ったお洒落な

喫茶店で最初の事件が起きました。



店員「コーヒーとサンドイッチご注文のお客様ー」

夜空「あ、はい」

店員「お待たせしました。ごゆっくりどう――あっ」





ガシャン(飛び散るコーヒー)





うわーなにをするきさま━━━━━━(;゚Д゚)!!





 
運が良かったというべきか、服についたのはほんの一、二滴。しかしその時着ていたのは

白い服だったので、少しの汚れも目立ってしまいます。どうするべきかしばらく考え、安い服

を探して購入することに。

 そういうわけで服の売っている店を探し回る管理人。しかし行けども行けども入った店に売

っているものは女性向けの服ばかり。しかも気がついたらラブホテル街に入っている始末。

「ここにしようか」とかぬかしているカップルを発見。昼間から盛んなこった、と倉本&矢作の

カップルを見る漫画版織田のようなことを思う管理人。どう見ても援助交際っぽかったです。

都会の怖さを噛み締めながら、管理人はダッシュで来た道をGO! 服を買うのは諦め、近

くにあったデパートのトイレで必死に汚れを落としていました。東京まで来て一体何をやって

いるんでしょうか。



 ここで管理人は大きなミスをやらかしていました。

 東京に着いたらみかどさんに連絡を入れる予定だったのに、午後1時過ぎるまで連絡をし

なかったのです。そのためみかどさんには大きな迷惑をかけてしまいました。本気で携帯電

話を買おうかなと思った夜空、十八歳の夏。





 午後1時半。みかどさんに現在地を知らせ、管理人はよくやくみかどさんと合流。一緒にい

た方は主催者の一人であるミバルさん。事前にメールで知らされていた姿とそっくりだったの

にはちょっとびっくり。お酒や海産物は持ってこなかったことにお叱りを受けました。ごめんよ

ミバルさん。今度オフ会があったら新潟の酒を持ってくるよ。

 その後すぐに知美子さんと合流し、佐倉恭祐さん、sigmaさん、isoyosiさん、若丸さん、バロッ

クさん、まやけんさんと次々に集まるメンバーたち。そのすぐ後ろではAAが描かれているう

ちわを持った方たちがいました。恐らく2chのオフ会です。こんな近くでオフ会をやっている

人間同士が集まるなんてなんたる偶然。あのうちわ、欲しかったなぁ……。

 若丸さんとisoyosiさんは応募の段階で偽名を使っていたため、二人が来ることを知らなかっ

た俺や知美子さんはかなりびっくりしました。

 いろいろな場所で話題になっている若丸さんですが、某冬ソナの人に似てると聞いたこと

があったため、そんな感じの人を想像していたのですが、実際はもっと爽やかでカッコいい

兄ちゃんでした。生の若丸さんに会えて感激&激しく緊張。後で知美子さんに質問されてい

ましたが、意識しているのかしていないのか腰にはシルバーのチェーン。伸びるのかどうか

気になります。

 まだ来ていないメンバーを待つ管理人たち。ふと周りを見た俺は、とんでもないものを見る

ことになりました。

 ハチ公改札口を出た所で、全身黒ずくめの小学生くらいの少女が何かに取り憑かれたよ

うに踊っていました。リングの貞子幼少時代、みたいな外見です。

 その光景は見るものを圧倒させる凄まじいもので、俺は一瞬言葉を失いました。

 しかもその少女、ビリビリに破れたタイツ&裸足という奇妙奇天烈な姿。電波にもほどがあ

ります。

 そのあまりの電波の受信っぷりに、「あの人はユキさんだ」ということで盛り上がるメンバー

たち。

 結局、その少女は最後までユキさんと呼ばれるハメになるわけですが。都会って本当に怖

いと思いました。

 その後TAKEさんと合流。背の高い素敵な青年です。足の長さが羨ましい……!

 これで残るメンバーは桜城聖耶さんと三木尚雪さん。みかどさんやミバルさんが携帯で連

絡をしてみたところ、どうやら集合時間を間違えていた様子。とりあえず懇談会会場である

パセラ渋谷店へ向かうことになり、桜城さんたちを迎えるためミバルさんを残して一同はパ

セラ渋谷店へ。





 懇談会会場に到着後、しばらくして桜城さんと三木さん姉妹が到着。俺は一度地元のコミ

ケで会ったことがあるので顔は分かっていたのですが、他の皆さんは桐山のコスプレ写真の

印象が強かったようです。

 桜城さんたちを迎えるために渋谷駅に残っていたミバルさんも合流し、これで懇談会メンバ

ーが全員集合しました。メンバーが集まったので、早速自己紹介に映ることに。

 ここで登場したのは綾小路時貞さん。懇談会の担当教官です。ヅラにサングラスに特攻服

という、下手をしたらマカオの人買いに間違えられそうな(失礼)姿でした。

 自分で自己紹介をするのかと思いきや、綾小路教官がメンバーの紹介をしてくださるそう

な。名簿順の紹介ということで、まず最初は桜城さん。「い」のisoyosiさんが飛ばされている

ことに皆さん気づいていませんでした(汗

 自己紹介が始まった途端、メンバーの間から驚愕の声が上がることに。

 ごく普通の自己紹介に終わると思いきや、綾小路教官は桜城さんのオリバト四作のタイト

ル名、サイトや作品の特徴、その他事細かなことを紹介し始めました。これには俺を含めメ

ンバー全員びっくり。綾小路教官の脳内データベースはバケモノか!?

 名簿順ということで、俺の出番は必然的に最後になります。次々と綾小路教官がメンバー

の紹介を済ませていき、着々と近づく俺の出番。やばい。緊張してきた。他の人に自分を紹

介してもらうのがこれほどドキドキするとは思っていなかった。

 そんなこんなで俺の出番。綾小路さんに俺個人や作品の紹介をしてもらい、皆さんに向か

って一言挨拶をすることに。初めてのオフ会で緊張していたため、グデグデの挨拶をしてしま

いました。トホホ。

 メンバー全員の自己紹介が済んだとき、みかどさんもとい綾小路教官が高らかに言い放ち

ました。





綾小路教官「えー、みなさんにはこれからカラオケをやってもらいます」





 誰も歌わないと全員の首輪が爆発するらしいです。みかどさん、ナイス(笑)



 だんだんと懇談会終了の時間が迫ってきました。よし、このままいけば……という俺の思い

をぶち壊す一言が。





「じゃあ、夜空さんそろそろ踊ってよ」





な、なにをいうきさま━━━━━━(;゚Д゚)!!





 当然、俺は踊るのを拒みました。恥ずかしいからです。そしたらバロックさんの方からカラオ

ケの歌が乗っている分厚い本が回ってきて、「踊りたくなかったらこれを歌ってよ」と言われま

した。

 その歌の名前とは――。







 
チチをもげ。







 喜んで踊らさせていただきます(泣)

 知美子さんが「夜空さんガッシュのアニメ見てるんだから歌ってくださいよ」と言ったときには

本当に焦りました。チチをもげだけは歌いたくないです。ただでさえ音痴なのに。

 体育祭では二番までしか振り付けがなかったのですが、カラオケでは三番までありました。

なのでどう踊ればいいのか分からなかったのですが、結局即興で踊りました。

 ウケるのかどうか不安でしたが、大好評だったようなので嬉しい限りです。踊りのインパクト

が強すぎたため、歌う方はだれもいませんでした。大人って卑怯です('A`)



 俺が生き恥をさらした後に、今度は夕食会会場であるザ・ロックアップ渋谷店に移動するこ

とに。

 佐倉恭祐さんとはここでお別れです。時間がなかったのであまり話せなかったのが残念で

した(´・ω・`)



 そんなこんなでザ・ロックアップ渋谷店に到着。地下牢獄を思わせる造りのお店です。

店内は薄暗く、BGMにはメタルがかかっていました。新潟にはこんなお店はありません。

 入った俺たちを出迎えたのは、女所長といった感じのSM風お姉さん。お部屋に案内する

ため、誰か一人が手錠で繋がれることに。代表者としてミバルさんが手錠をかけられました

が、本心を言うと少しだけ繋がれてみたかったです。俺ってマゾ?('A`)



 テーブルが二つある部屋に案内され、メンバーは自然と男女ごとに分かれて座りました。

若丸さんはジョニーさんの襲撃を恐れ、真っ先に隅の席へ座っていました。

 参加者のほとんどが成人ということもあり、多くの人がビールやカクテルを頼んでいました。

軽いカクテルなら俺にも飲めますが、パセラでジンジャエールを三杯程飲んでいたため軽い

飲み物がいいなと思い、オレンジジュースを頼みました。

 ジョニーさん&青谷さんを待つメンバーたち。そこで何気なく出たジョニーさんの名前に、

俺がついうっかりジュースをこぼしてしまいました。これには周りの皆さん大笑い。俺は苦笑

いを浮かべるしかなかったです。というか迷惑かけてごめんなさい。

 アルコール類が届いた途端、皆さん一気に飲み始めました。男性陣ではまやけんさん、

女性陣ではミバルさんが凄かったです。

 若丸さんもオフレポで書かれていますが、ミバルさんはイメージと180度違う人でした。

メールやチャットで会話していた限りでは大人しそうな人だと思っていたのですが、実際はか

なり豪快な人です。ビールをビンのまま飲んだり、誰かをドツいたり。というより俺はミバルさ

んに『小僧』って呼ばれることになるとは思わなかったです。まあ、確かに小僧なんですけど

ね(苦笑)

 まやけんさんは……うん、あの人はひどかった。ちょっとエッチなお酒好きどころじゃない

です。かなりエッチなお酒大好きと言った方が正しいでしょう。酔っ払った姿が裏作者プロの

キャラそのままだったので、若丸さんたちと一緒に笑い合っていました。

 知美子さんが桃歌乃野さんと電話を繋ぎ、みんなで話をすることに。突然のことだったの

で何を話せばいいのか分からず、早いうちに電話を代わってしまいました。

 電話がまやけんさんに渡ってから、その事件は起きました。



まやけん「乃野ちゃんこんにちはー。まやでーす」



まやけん「乃野ちゃん今どこー?」



まやけん「乃野ちゃん凄い萌え声だねぇー」



 どうやら別のお店と間違えているご様子。誰かがテレk(ry



 その後ジョニーさんと青谷さんが会場に到着。若丸さんは内心ガクガクブルブル状態だった

ことでしょう。

 青谷さんが誰が誰だか当てる、ということになり、青谷さんは迷いながらも全員的中という

快挙を成し遂げました。女性陣は比較的当てやすかったみたいです。

 ジョニーさんが登場したため、俺はトイレで制服に着替えてきました。皆さんから一斉に写

真を撮られたり、ジョニーさんとツーショットになったりでご満悦の管理人。こんな機会はそう

そうないですからね。

 メンバーも全員揃い、食事をしながらオリバトトークへ。俺はミバルさんやジョニーさんに膝

を掴まれたり、バロックさんの要求で鎖骨を見せたりといじられキャラ全開。

 両隣に座った桜城さんと三木さんが腕を組んでくれるという幸せな出来事もありました。

あの時は本当にドキドキしましたよ。キャッ(*ノノ)



 ミバルさんが持参してきたらしいスケッチブックを取り出し、絵の描ける人から順に何か描

いていく事になりました。トップバッターは桜城さん。下書きなしで凄まじい速さで絵を仕上げ

ていくその様はまさに圧巻。あっという間に絵が出来上がりました。隣で絵を描いている桜

城さんの姿を見れたのはめちゃくちゃ嬉しかったです。

 途中で部屋が真っ暗になり、地下からモンスターが脱走したという設定のショーが起きまし

た。俺たちの部屋にもモンスターに扮した店員さんがやって来たのですが、怯えたバロック

さんが座布団を手に応戦。これにはモンスターもびびったのか、スタコラ退散していました。

 そんな時もビール瓶を片手に歩き回るミバルさん。いろんな意味で凄い人です。

ジョニーさんと組ませたら最強のコンビになるでしょう。裏作者プロでのお早い退場が悔やま

れます。

 桜城さんに続いて若丸さんがスケッチブックを手に。桜城さんみたいに上手く描けないと言

いながらも、皆さんの期待に応え白石幹久くんを書いてくれました。

 夕食会も終わりに近づいたところでくじ引き大会が行われました。フライパンやダーツセット

など、BRに関係があるものが当たるようです。

 管理人が引いたカードは『7』。カードゲームなどをやったとき、俺の入ったチームは凄まじ

い高確率で負けることからかつては『死神』というあだ名が付いていた管理人。ひょっとしたら

フォークか? と思いきやベレッタキタ━━(゚∀゚)━━!!

 そんなわけで管理人はザ・サードマンご愛用の武器、ベレッタM92Fを入手。どうやら死神

は憑いていないようです。

 店を出た後は宿泊先である日本橋・ホテル吉兆に向かうため、全員揃って駅へ移動。最初

は宿泊組みではなかったTAKEさんも急遽宿泊組みになり、俄然テンションが上がる一同。

 駅へ向かうまでの道、俺と若丸さんはまやけんさんの度重なるボディタッチに困り果ててい

ました。しまいには公衆の面前で腕を組んでくる始末。あんた若けりゃ男でも(ry

 後ろにいるバロックさんに「助けてプリーズ!・゚・(ノД`)・゚・」と目で訴えかけましたが、結局助

けてはもらえませんでした。

 渋谷駅に到着後、桜城さんと三木さんとはお別れすることに。滅多に話せない方たちなので

もっと話したかったのですが、お二人とも都合があるのでここでさよならです。





 残りのメンバーは宿泊施設の日本橋・ホテル吉兆へ到着。男性陣は一番広い和室を使う

ことになりました。

 部屋に到着後、まやけんさんが死んだように眠る。とりあえず順々にシャワーで汗を流し、

さっぱりしたメンバーは和室(大)に集まって夜の恒例、暴露&雑談大会に突入。ここでしか

聞けないような、あんな話やこんな話が出てきて終始驚きっぱなし。無理して起きていた甲斐

がありました。

 酔っ払いのまやけんさんは早く寝るもんだとばかり思っていたのですが、中盤あたりまで起

きていて話を聞いていました。度々ちょっかいを出してはミバルさんやバロックさんに怒られて

いましたけどね。ケンカになるんじゃないかと管理人はビクビクしながら見ていました。

 コミケに行っていた青谷さんからはマリ見ての本をいただきました。しかも俺の大好きキャラ

である白薔薇(主に聖さま)本ばかり。感激です!

 ジョニーさんは睡魔と闘っている知美子さんを見て「可愛い」と連呼。ミバルさんは布団で寝

ているTAKEさんを見て「襲いたい」と爆弾発言。アダルティな魅力ムンムンのTAKEさんにミバ

ルさんはベタ惚れだったご様子。あと八年も経てば俺だって……! って望み薄。_| ̄|○

 午前四時を過ぎ、とうとう限界がやってきました。布団の上で横になって目を閉じていると、

顔の上で何だか人の気配が。目を開けてみると、そこにはベレッタの銃口にはまっていた赤

い栓を手にしたミバルさん&バロックさんが。





Q:何をしようとしているのですか?

A:これをあなたの鼻に入れようとしていました。





( Д) ゚ ゚ マジかよっ!!!





 その後、怯える管理人に追い討ちをかけるような一言が。





 (ズボンの)チャックに入れようかとも思った。





チャック……!((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル



 身の危険を感じた管理人はTAKEさんの隣の布団で就寝。その後の会話で、ミバルさんが

俺とTAKEさんの間に入り込むかどうか悩んでいたことが分かりました。油断できねぇ(汗)





 十時近くに起床し、部屋のチェックアウト時間が迫っているため六階のダブルベッドルーム

に移動しました。ここでも1時半ぐらいまでオリバト関係の話をしていました。

 その途中で誰かが持ってきたであろうオリバト同人誌がベッドの上にズラーリ。そのほとん

どが『あっち系』の本でした。ああいう本を見慣れていないであろう知美子さんや若丸さんは

顔を赤くしていましたね。対する俺はごく普通に読んでいました。何だか自分が汚れきってい

るようで悲しかったです。もうあの頃には戻れないのかなぁ。

 ホテルを出たのは1時半くらいなのですが、その途中でTAKEさん、まやけんさん、バロッ

クさんは一足先に帰宅。ジョニーさんと青谷さんも用事があるらしく、昼食会場へ向かう途中

で別れました。

 残りのメンバーはミバルさん、みかどさん、若丸さん、isoyosiさん、シグマさん、知美子さん、

そして俺の七人。何の偶然かワイルド7です。

 東京駅に近い新橋に到着したメンバーは昼食会場を探しますが、これが中々見つかりませ

ん。ビルの地下街などもほとんどシャッターが下りています。いくらお盆だからって商売根性が

足りません。

 ようやく見つけた喫茶店に入った一同。「なんかオムライスとか好きそうだよね」というミバル

さんの言葉通りオムライスを注文する俺。他にはアイスカフェモカとミルフィーユを注文しまし

た。甘いもの好きの俺にとってミルフィーユは定番です。楽しみ楽しみ♪



 オムライス完食後――。



店員「お待たせしました」



ミルフィーユキタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!



 
ようやく出会えたねマイ・スィートハニー。じゃあ早速……。

 ――ん?

 なんかこれ……。

 切れないんだけど。



 ちょっと困りましたが所詮は些細な問題。こういうのはちょっと力を込めれば簡単に切れる

んですよ。サクッて簡単にね。





 グニュッ。(クリームが横からはみ出てくる音)





 ミルフィーユ━━━━( Д) ゚ ゚━━━━!!



 何でだよ! まだ君と俺は出会ったばかりじゃないか! なのに、なのに何でこんな姿に

なっちゃうんだよぉ……!・゚・(ノД`)・゚・。





 まあ、食べましたけどね。普通に。





 昼食を済ませたメンバーは新橋駅に移動。この時点で帰りの新幹線が一時間二十分後に

迫っています。isoyosiさんにお台場へ行かないかと誘われていましたが、新潟で待つ強欲野

郎共のためにお土産を買わないといけないのでお断りしました。もっと時間があれば一緒に

行けたのになぁ。

 そんなわけで、東京オフ会は新橋駅にて解散することに。若丸さん、isoyosiさん、シグマさん

と別れ、みかどさん、ミバルさん、知美子さんとは駅のホームで別れました。





 皆さんと別れた後、俺はお土産を入手するために渋谷へ向かいました。東急で買い物を済

ませた俺は時計をチェック。帰りの新幹線は5時20分発だから、まだ間に合うはず。







 現在時刻――4:55







 注:渋谷から東京まで、だいたい20分はかかります。







 ――オーケイ、絶対に乗ってやるぜ。

 こっちが乗るまで、続けてやる。







 ……ということで俺のオフレポはこれにて終了です。

 今回のオフ会は俺の人生初めてのオフ会ということもあって、終始緊張しまくりでした。

 参加者の皆さんはとても良い人ばかりでしたし、参加できて本当に良かったです。

 次回があれば、そのときもまた参加したいと思っています。

 オフ会に関わった全ての皆様、本当にありがとうございました。

 ちなみに、新幹線には無事乗ることができました。

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー